★健康診断受診に係る変更点について

先般より重ねてご案内しておりますように、土交通省による「旅客自動車運送事業運輸規則の解釈及び適用

について」の一部改正に伴い、今後は全支部員に本支部で契約をしております梶原診療所での定期健康診断

受診していただくことが必要になりました。


【定期健康診断に係る法令について】

道路運送法第27条第1項「一般旅客自動車運送事業者は、~事業用自動車の運転者の適切な勤務時間及び

乗務時間の設定その他の運行の管理その他事業用自動車の運転者の過労運転を防止するために必要な措置

を講じなければならない


旅客自動車運送事業運輸規則第21条第5項「旅客自動車運送事業者は、乗務員の健康状態の把握に努め

疾病、疲労その他の理由により安全な運転をし、またはその補助をすることができないおそれがある乗務員を

事業用自動車に乗務させてはならない。


旅客自動車運送事業運輸規則の解釈及び適用について第21条過労防止等(5「「健康状態の把握」とは、

乗務員(事業主等が乗務する場合には、当該者を含む)が受診する労働安全衛生法(~)第66条第1項に定める

健康診断~を行うこと~をいう」


労働安全衛生法第66条第1項「事業者は、労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、維持による

健康診断(~)を行わなければならない


労働安全衛生規則第44条1項「事業者は、常時使用する労働者(第四十五条第一項に規定する労働者を除く)

に対し、一年以内ごとに一回、定期に。次の項目について医師による健康診断を行わなければならない。

  1. 既往歴および業務歴の調査
  2. 自覚症状及び高く症状の有無の検査
  3. 身長、体重、腹囲、視力及び聴力の検査
  4. 胸部エックス線検査及び喀痰検査
  5. 血圧の測定
  6. 貧血検査
  7. 肝機能検査
  8. 血中脂質検査
  9. 血糖検査
  10. 尿検査
  11. 心電図検査

労働安全衛生規則第45条1項「事業者は、第十三条第一項第三号に掲げる業務に常時十字する労働者に

対し、~六月以内ごとに一回、定期的に、第四十四条第一項各号に掲げる項目について医師による健康

診断を行わなければならない。この場合において、同行第四号の項目については、一年以内ごとに一回、

定期的に、行えば足りるものとする」


労働安全衛生規則第13条第1項第3号ヌ「深夜業を含む業務


労働安全衛生規則第66条の2「午後十時から午前五時まで(厚生労働大臣が必要であると認めた場合

においては、その定める地域又は期間については午後十一時から午前六時まで)の間における業務

(以下「深夜業」という)~」


昭和23.10.1基発1456号「「深夜業を含む業務」とは業務の常態として、深夜業を1週1回以上又は1月に

4回以上行う業務という」


【健診時期について】

平成30年度

平成30年度につきましては、医療機関側との日程調整がつきませんでしたので、従来通り5月いずみ記念病

院、7月、11月、1月は梶原診療所での健診となります。


また、先日ご協力を頂きました営業形態調査に基づき、年2回受診の方、年1回受診者の方には期限更新を

基準とした適切な受診時期でご案を差し上げております。


健康診断受診の案内が届いた方は、必ず受診が必要な時期ですので、受診をしてくださいますよう

お願いいたします。


平成31年度以降

上半期の受診   4月・  5月

下半期の受診 10月・11月

医療機関 梶原診療所

平成31年度以降の健康診断受診時期につきましては、平成30年11月受診者→4月・10月健診、

平成31年1月受診者→5月・11月受診とさせていただきます。


H30.11月健診者 → H31.4月 → H31.10月 → H31.4月 …

H31.  1月健診者 → H31.5月 → H31.11月 → H31.5月 …


また、年1回受診者につきましては、期限更新月を基準に別途ご案内をいたします。

いずれにしましても「健康診断受診のご案内」がお手元に届きましたら、内容をご確認のうえご希望時間帯

を記入いただき、速やかに支部へご返信ください。


※希望時間につきましては、支部に返信を頂いた先着順で確保させていただきます





戻る